ABOUT

[+](プラス)は実験映画という名称で呼ばれるような新しい映画の興隆のために、非営利の組織として尽力します。(ここでの「実験映画」とは、劇映画・ドキュメンタリー・アニメーションといった、あらゆる既成のカテゴリーに収まらないような映画・映像を指すものとします。) [+]は実験映画を中心とする映画作品の上映の場を自ら創り出して行くとともに、日本国内で今まで観られる機会の少なかった海外の良質な作品及び歴史的作品の上映を行い、積極的にその紹介に努めます。 [+]は特定の上映会場を置かず、その都度、作品の魅力が十分に発揮できるパブリックな場所を探して上映を行うことで、実験映画になじみの薄い観客がアクセスしやすい、開かれた上映会を目指します。 [+]は上映活動と連動して雑誌を出版し、作品への論評、研究活動を進めて行きます。